トップ

インプラントの保険の条件

インプラントと保険

顎

保険が適用されるインプラント

インプラントは、保険が適用されない治療として今まで行われてきました。しかし、2012年に一定の条件を満たすことで、適用されるように改められました。その条件とは、顎の骨が1/3以上が形成不全、または欠損していることです。骨の状態の他にも、適用を受けるためにはベッドが20床以上ある病院や治療経験5年以上ある歯科医師がいるなど、様々な条件があります。そのため、歯がなくなってしまったとの理由で、一般の歯科医院でインプラントを受けると、保険はききません。一般的な歯科医院で受ける場合には、自費診療として治療費を支払います。

保険適用の治療もある

インプラントと言うと、自由診療で、治療を受ける場合には、高額な治療費が必要なイメージが、とても強いです。しかし、全ての治療が自由診療ではなく、一部には保険が適用される治療行為もある事は、あまり知られていません。特別な技術が必要な治療ではありますが、高額な費用が必要になる理由の1つとして、インプラントに必要な材料が高額である事です。しかし、3Dプリンターなどの技術の発達や、企業努力の成果として、以前よりも材料費が下がって来てつつあります。高額だからと諦める前に、専門の歯科医などに見積もりをお願いしてみると良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの保険の条件. All rights reserved.